後遺障害の等級

後遺障害には等級があります。第1級になると重くなり、軽いのは第14級まであります。第1級になると、介護が必要な域に入ってくるので、ほぼ自分での生活が難しい人になってしまいます。人の手がないと生活できないという基準です。

第14級であれば、視野が狭い、神経がおかしい、しびれが出るなど、症状としては生活の中で気になるものが残っているという感覚になります。この等級によって、自賠責、任意基準、裁判基準が決まっています。
多少重い認定をされたとしても、その分、自賠責や慰謝料の額が変わってくるので、認定してもらう際には重く認定してもらった方がいいという人もいます。1級と2級の間でも150万くらいありますから、それだけで全然変わってきます。

裁判になったとしても1級の差で200万以上のところもあります。そうなると症状がそこまででなくても認定は少し重く取ってもらった方がと思うのは人間としては普通にあります。しかし、認定を受けるのには、クリアする条件がいろいろあり、難しいところでもあります。

認定を受けてから、申請して慰謝料や示談金の請求を新たにする人も少なくありません。生活の中に苦しみがある事を訴え、泣き寝入りせず、交通事故の後遺症の障害認定をしてもらい、きちんと慰謝料や示談金を受け取りましょう。

Comments are closed.