カテゴリー: 未分類

後遺障害には等級があります。第1級になると重くなり、軽いのは第14級まであります。第1級になると、介護が必要な域に入ってくるので、ほぼ自分での生活が難しい人になってしまいます。人の手がないと生活できないという基準です。

第14級であれば、視野が狭い、神経がおかしい、しびれが出るなど、症状としては生活の中で気になるものが残っているという感覚になります。この等級によって、自賠責、任意基準、裁判基準が決まっています。
多少重い認定をされたとしても、その分、自賠責や慰謝料の額が変わってくるので、認定してもらう際には重く認定してもらった方がいいという人もいます。1級と2級の間でも150万くらいありますから、それだけで全然変わってきます。

裁判になったとしても1級の差で200万以上のところもあります。そうなると症状がそこまででなくても認定は少し重く取ってもらった方がと思うのは人間としては普通にあります。しかし、認定を受けるのには、クリアする条件がいろいろあり、難しいところでもあります。

認定を受けてから、申請して慰謝料や示談金の請求を新たにする人も少なくありません。生活の中に苦しみがある事を訴え、泣き寝入りせず、交通事故の後遺症の障害認定をしてもらい、きちんと慰謝料や示談金を受け取りましょう。

交通事故の後遺障害というものがあります。認定されるものですが、この認定によって、示談金や慰謝料が変わってくるのはお話しした通りです。後遺障害というのは、等級がありこの等級を診断書に書かれることになります。

後遺障害として認められる条件があります。回復が難しいと思われる障害、交通事故との因果関係が考えられること、労働能力の低下を伴うもの、後遺症が医学的に証明されていること、です。この基準があれば、後遺障害が認められることになります。ただこの基準は自分自身が訴える事が必須です。症状だけで後遺障害が認められることはありません。
事故から数か月経過した中で、症状が重く残っているだけでは後遺障害が認められるわけではありません。回復が難しいと主治医が症状固定と判断した場合のみになります。また病状の推移なども関係してくるのです。

また検査での照明がされている事も条件になります。レントゲンやMRI、CTなどの検査でも異常な箇所があれば、照明され、後遺障害が認められる一番の早道です。むち打ちなど状態が見えないものに関しては、こういった検査によって証明されることになります。さらに、症状が重いと主治医が診断すれば、それだけで後遺障害が認められる事になります。さらに等級の確定も早くなります。

交通事故に遭った際に無傷でなにもなかった場合、奇跡です。車の接触でそこまで何もないとは運の強いとしかいいようがないものです。たいがいですが、交通事故の多くは多かれ少なかれ怪我や後遺症が出る人がほとんどです。できればそういった症状が出ないのがいいのですが、今や、事故に遭って無傷という案件は数少ないです。交通事故に遭ってから、全治すればそれはいいに越したことがありませんが、多くの人は後遺症に悩んでいます。その後遺症があるがために、日常生活がつらく苦しくなることもあります。

交通事故で一般的に多い後遺症はむち打ちでしょう。むち打ちは目に見えないものなので、なかなかわかりませんが、玉突き事故が交通事故の中でも一番で、後遺症の中でも一番です。むち打ちは短くても1ヶ月、長くてずっと症状が続くものです。それによってしびれが出たり、体に違和感を感じる人も少なくありません。

次に多いのは、骨折です。腕や足だけでなく、頭や顔なども骨折が多いです。目の周りを骨折すれば、それだけで目が見えにくくなったり、目が開きにくくなる人もいます。色々な骨折の症状がありますが、後遺症が残ってしまう事も多く、神経を傷つけてしまっている人もいます。
それぞれの後遺症によって後遺障害等級というのが定められていて、それに認定されると、慰謝料や示談請求に大きく影響してきます。事故に遭う事はイヤな事ですし、後遺症は絶対に避けたいものですが、後遺症という被害に遭っている人であれば、できればそれによって示談金が大きくなるように、後遺症について説明します。